すべては「安心」のために

純チタンの限界を打破する

須山歯研 チタンニオブ床 永久保証 チタン床は、一般的には「純チタン」が利用されます。しかし、鋳造した際の材質的な強度、弾力不足のため、条件によりクラスプ破折に至るケースが多く、また修理も大変困難でした。
せっかく「良いものを提供したい」との思いから製作した義歯の破損は、患者さんからの信頼を損なうこととなります。そのため、チタン床は「折れる」というイメージとともに、ドクターから敬遠されているのも事実です


30年のチタン研究を集約した究極のチタン床

須山歯研 チタンニオブ床 永久保証 須山歯研では、チタンの生体親和性はそのままに、コバルトクロームをも凌ぐ強靭な物性を持つGC社チタンニオブ合金(T−アロイ・タフ)を採用。
溶解時の酸化が激しく、湯流れの悪いチタンニオブ合金鋳造のため、埋没材を含め独自開発の鋳造システムを構築。生体親和性はもちろん適合、強度、機能、審美性すべてを併せ持つ、究極のチタン床が完成しました。


設計はコバルトクローム床同様に

須山歯研 チタンニオブ床 永久保証 純チタンでは対合関係の条件が厳しく、クラスプも太い物になりがちでした。また審美性を狙ったアタッチメントの適用も限定されてしまいます。 チタンニオブ床はその高い機械的強度から、コバルトクローム床と同様の設計が可能です。口腔内の状況に左右されない、柔軟な義歯設計が実現しました。

チタンニオブ床永久保証の詳細はこちらから

お問い合せは須山歯研まで

株式会社 須山歯研 金属床課

TEL(043)277-8411(代)

FAX(043)277-8414

〒261-0011 千葉県千葉市美浜区真砂2-24-7 【E-mail】info_mp@syuama.co.jp