口の状況により入れ歯の種類が変わります

歯の治療では、元々あった歯のかわりに作った歯科技工物が用いられます。ここでは少し治療の内容による技工物の違いを見てみましょう。

 

小さな欠損はインレー

虫歯が歯の一部にできたようなケースでは、まずその悪い部分を削り取り、削った場所をインレーという技工物でふさぎます。

 

土台の準備 つめもの(インレー)作成 インレーの取り付け

虫歯部分を取り除き形を整えます。 作った土台の型をとり、それにつめるインレーを製作します。 口の中に納め、セメントで固定します。

 

インレーは歯の形を元に金属やセラミック、プラスチック材料で製作します。インレーがあまり大きくない場合には、口の中にプラスチック材料を直接詰めてしまうという方法もあります。

 

もう少し大きな欠損にはクラウン

一本の歯の中でも、虫歯の範囲が拡がってくると、インレーのようなつめものでは覆いきれなくなります。こうした場合に用いられるのがクラウンという冠状の技工物です。

 

土台の準備 被せもの(クラウン)作成 クラウンの取り付け

虫歯部分を取り除き形を整えます。 作った土台の型をとり、それに被せるクラウンを製作します。 口の中に納め、セメントで固定します。

 

クラウンは口の中で直接製作することはできません。型から金属、セラミック、プラスチック材料で製作します。

 

歯が抜けてしまった場合にはブリッジ

歯が抜けてしまい、インレーやクラウンのように土台が無くなってしまったケースでは、隣の歯を土台にして、ちょうど橋をかけるように抜けた歯を補うブリッジという技工物が用いられます。

 

土台の準備 被せもの(クラウン)作成 クラウンの取り付け

歯が抜けてしまった部分の両側の歯を土台として削ります。 抜けた歯を補う歯と、土台に被せる歯をつないだブリッジを製作します。 口の中に納め、セメントで固定します。

 

ブリッジはクラウンを連結したような形態です。機能や形態を回復することに加え、他の歯との色調が自然さや顔貌に与える影響も大切な要素となります。これらの技工物は、歯に直接固定して利用します。

 

抜けた歯が多い時には部分床義歯

抜けてしまった歯の数が少ない時にはブリッジが適用されますが、本数が増えてくると残り少ない歯で噛み合わせの力に耐えるのが難しくなります。そうした場合には歯に加え、歯肉などにも負担してもらう部分床義歯が利用されます。

 

土台の準備 部分床義歯作成 部分床義歯の取り付け

口の中の状況から、どのように力を分担させるかを検討、入れ歯を設計します。 歯だけでは受け止められない力を、歯肉や粘膜に均等に分散させるよう、土台を用意して歯を並べます。 口の中にはクラスプという取り付けの部品を使い納めます。有床義歯は取り外して清掃することができます。

 

全部の歯が抜けてしまったら全部床義歯

歯がすべて抜けてしまうと、歯を土台として使う事ができません。このため、歯肉、粘膜などを活用し、口蓋(口の裏側)への吸着や筋肉を活用して義歯を安定させます。

 

土台の準備 全部床義歯作成 全部床義歯の取り付け

歯の無くなってしまった口の中は、歯肉が緩み不安定な状態に。必要に応じて不要な歯肉を切除するなどの処置を行います。 歯肉、粘膜の広い部分で噛む力を受け止めます。 同時に、口を開いたときに外れないよう、口蓋部に吸着させる(上顎)、舌や頬の筋肉で安定させる(舌顎)必要があります。

 

歯のような硬い組織に支えがないので、他の技工物と比べると、口の中の広い面積を多い、口全体で噛む力を受け止めます。また外れようとする力に耐えるため、口に吸着させる、舌や頬の筋肉で抑えるといった方法で安定させるよう作られます。

 

戻る