最適な噛み合わせは一日にして成らず

噛み合わせは長い年月をかけて、自分だけのベストポジションができてきます。しかし入れ歯が壊れてしまっては、せっかくできた噛み合わせを、もう一度はじめから作り直さねばなりません。

 

最適な環境を長い間維持するために

最適な噛み合わせを長い間活用するには、入れ歯を作る材料も重要。金属床義歯に用いられる「コバルトクローム」、「チタン」といった先端素材は、強い噛み合わせの力に耐えるとともに、高い生体親和性誇ります。口の中に長い間収まっても、機能をしっかりと維持し、体にも悪影響を与えません。

悪くなった噛み合わせを最適な状態に戻すこと、そしてその状態を長く維持することが、健康で楽しい生活を実現するための歯科治療。金属床義歯は目立たないところで快適な口腔内環境を支える大きな土台です。

 

戻る