発音と入れ歯の関係

言葉を話す時、舌は大きな役割を持っています。舌は口の中で活発に動き、「か」、「た」、「な」、「ら」行の音を中心に、言葉の発音の多くに関係しています。

しかし入れ歯を入れたために発音がしにくくなってしまことがあります。

 

舌の動きを邪魔しない金属床義歯

入れ歯を入れると、プラスチックの厚みで口の中の広さはどうしても狭くなり、舌が動くスペースが少なくなるのが原因です。また口を開く度に入れ歯が動いてしまったり、噛むとずれてしまっては、話もスムーズにはいきません。

口の中のスペースを広く確保し、しっかりと口に収まる金属床義歯は、楽しいコミュニケーションを提供します。

 

戻る