入れ歯を維持・安定させるクラスプ

口の中で一部の歯を補う部分床義歯では、入れ歯が口の中で動かずしっかり噛めるよう、クラスプという部品を床に設けます。

このクラスプですが、通常の保険診療では、床とは別に製作し、入れ歯のレジン部分を固める前に、床に埋め込まれます。このため、原理的にどうしても位置関係のズレが生じることが。

 

クラスプと床を一体化した金属床

金属床義歯ではクラスプと床を一体に作りますので、寸法に狂いがなく、強固な金属の土台がしっかりと噛む力を受け止めます。

自分の歯のようにしっかり噛める、これも金属床義歯が持つ大きな特徴の一つです。

 

戻る