床に求められる強度

床には「人工の歯を並べる土台」として、噛み合わせの強い力に耐え、長年に渡り入れ歯を安定させなければなりません。このため床の材料には高い強度が求められます。

 

強度と厚みの関係

入れ歯は見た目に歯肉と違和感がないよう、また製作をする上で作業がしやすいよう、ピンク色の専用プラスチック「義歯床用レジン」が利用されています。この材料で床を作ると、強度を確保するため、床の厚さは大きくなり、総義歯では1.8〜2.4mm程度になりますが、この厚みが時として強い違和感となります。

床の材料にはレジンの他に金属があります。金属はレジンに対し強度が高いため、同じ強さを持つ床を作るのに、床の厚みを大変薄くすることができるというメリットを持っています。

有床義歯はどうしても口の中での違和感が生じます。それを「仕方がないもの」とあきらめず、いかに違和感を減らし、装用感を高めるか。それが金属床の大きなテーマです。

 

戻る