保険診療とは?

保険診療は健康保険法に基づき、国民の誰もが平等に医療サービスを受け、またそれを国民がお互いに負担するという、世界的に見ても数すくない、優れた医療システムです。提供されるサービスはその内容の平等性や、医療システム運用に伴う費用との兼ね合いにより、内容が決められており、日本のどこででも均質な治療を受けることができます。

 

保険診療の限界

保険診療では、虫歯などによる痛みを取り除いたり、無くなってしまった歯の機能を回復するといったことが目的となります。こうした治療は決まった方法、材料が用いられ、保険診療の中では誰もが同じ内容の治療を受けることができます。

しかし機能的には問題がないものの、「つめものをした口元が気になる」、「入れ歯が厚く違和感が強い」という方も。決められた範囲の中で最善の治療がなされ、入れ歯が作られますが、保険診療の中ではそれを超える治療を行うことはできません。

保険診療の良さが「誰もが均質な医療サービスを受けられる」ことにある反面、保険診療の限界は「誰もが均質な医療サービス以上のものは受けられない」という相反する問題を持っているのです。

 

自費診療とは?

歯科の世界では機能・審美性・装用感の向上を目指し、治療方法や使用される材料はが常に進化しています。医療サービスを受ける人の中にも、痛みの除去や機能回復だけではなく、「きれいな口元を」、「よく噛め違和感が少ない」治療や入れ歯を求める方が増えてきました。

自費診療では保険診療での治療方法、使用材料に関する制限はありません。口の状態や様々なニーズに対し、最良の治療方法、歯科技工物を適用することができるといったメリットがあります。

しかし一方、保険診療の対象外となってしまうため、ケースにより様々ですが、保険診療と比較すると、治療費用の負担は大きくなってしまいます。

 

保険診療にするか、自費診療にするか

保険診療、自費診療それぞれにメリットとデメリットがあります。保険診療は誰もが平等に診療を受けることができ、国民の健康な生活を支えるという大きな役割を果たしてきました。しかしそれが歯科医療サービスの選択肢を大きく狭めてしまっていることも事実です。

また歯というものが毎日の生活に欠かせないものでありながら、これまであまりかえりみられることがなかったのは、歯科に関する情報が不足していることが大きな原因でしょう。

歯に関して自分が持っている問題や不満はなんなのか。どのような選択肢があるのかを知り、それを元にかかりつけの歯医者さんと相談しながら、自分にあった方法を探していくことが、満足のいく医療サービスを受ける上で最大のポイント。「痛くなった」、「問題が起きた」からではなく、歯科治療に関する情報をしっかり持っていることで、「いざ」という時に最良の選択ができるのです。

 

戻る