加齢などで歯が失われた時、それに代わり機能と顔貌を回復する入れ歯。欠損した歯の数や場所により、利用される入れ歯も異なりますが、その数が増えると、取り外しが可能で広い面積を補うことのできる入れ歯「有床義歯」が用いられます。

 

有床義歯とは?

入れ歯がしっかりと働くためには、まず口の中にしっかりと収まらなければなりません。無くなった歯の本数が少なく、また歯や歯の根が残っている場合には、歯を削って冠状のかぶせものを作ったり、歯根を土台とした歯科技工物が利用されます。

しかし無くなった歯の本数が多くなってくると、土台になる歯や歯根だけでは噛み合わせの力を支えきれなくなってきます。このような場合、歯の土台となる「床」を製作し、その上に人工の歯を並べて入れ歯を作るという方法が取られます。この「床」がある入れ歯を「有床義歯」と呼びます。

有床義歯にも、口の一部の歯を補う「局部床義歯」(または部分床義歯)、全部の歯を補う「全部床義歯」(または総義歯)があります。

 

局部床義歯

全部床義歯

適用する

口の状態
口の中に歯が残っていますが、ブリッジを架けるには土台が足りません。こうした場合は局部床義歯が適用されます。 口の中にまったく歯が残っていません。こうした場合には全部床義歯が適用されます。
 

製作される

入れ歯
局部床義歯では、残った歯に支えを得るため、クラスプという金属製の部品を利用します。欠損した箇所が複数(上の例では2箇所)の時は、それぞれをつないで、全体で安定するように入れ歯を作ります。 全部床義歯では、歯が残っていないため、クラスプを使って入れ歯を安定させることができません。そのため、上の歯では口の裏側に吸着させるという方法が取られます。下の歯では頬の筋肉などを上手に使い、入れ歯を安定させます。
 

収まった

状態

 

部分床義歯とは?

無くなった歯の数により、用いられる有床義歯が異なります。口の中に歯が残っているケースでは、なるべくそれらの歯を入れ歯の安定や噛み合わせの力を分担することに利用します。部分的に補う有床義歯を「部分床義歯」(もしくは局部床義歯)と呼びます。

部分床義歯では、入れ歯が口の中で安定するために、主に弾力を持ったカギ状の維持装置「クラスプ」が利用されます。このクラスプは歯の噛み合わせの力、入れ歯が外れようとする力、義歯が横にずれようとする力など、入れ歯に加わる様々な力を上手に受け止めるため、噛み合わせを邪魔しないよう、歯を包み込むように作られています。

 

全部床義歯とは?

歯が残っている時に利用される部分床義歯に対し、一本も歯が無くなってしまった時に用いられるのが「全部床義歯」(もしくは総義歯)。部分床義歯で入れ歯の安定のために利用していた歯が無くなってしまいますので、別の方法を取る必要があります。

全部床義歯で維持安定に利用される場所は「口蓋」、「粘膜」、「筋肉」といった口の中でもやわらかい組織。上あご用の入れ歯は重力により、下に落ちようとする力が加わりますが、これを抑えるため、口蓋という口の裏側(舌でさわることができます)部分に吸着させて落下を防止しています。

床は口の中の粘膜になるべく広く接触し、均一に力を分散させることで、大きな噛み合わせの力を受け止めます。横方向のズレに対しては粘膜や筋肉が分担しています。

 

戻る